スポーツトレーナーになる

整体師の資格取得後に、スポーツトレーナーとして働く道もあります。
ここでは、スポーツトレーナーとして活躍できる場について紹介しています。

スポーツトレーナーの仕事とは?

スポーツトレーナーとは、プロやアマチュアのスポーツ選手から一般の人まで、より良いコンディションで競技に臨めるよう指導・育成し、健康管理や栄養面のケア等をする仕事です。
また、トレーニングや試合中のケガに対する応急処置や予防、コンディショニングなど、スポーツ選手のトータルサポートまで行う場合もあります。

さらには、テーピングでの障害予防や、選手がケガをした場合の機能回復、ケガ再発を防ぐ為のアスレティックリハビリテーションが行えるのも、スポーツトレーナーの特長です。

スポーツトレーナーには、個人に合わせた技術・メンタル指導から健康管理までサポートするには、スポーツ科学や栄養、身体に関する事まで幅広い知識が必要となります。
また、プロスポーツ選手の専属トレーナーを目指す場合は、競技特性に合った肉体改造や筋肉強化を行える必要もあります。
明日の一流選手を育て、支える事のできるやりがいのある仕事と言えますね。

活躍の場が多種多彩

スポーツトレーナーの活躍の場は幅広く、アスレティックリハビリセンター、スポーツ施設、スポーツ専門医療機関、トレーナー派遣企業、学校、フィットネスクラブ、企業のスポーツチーム、健康福祉施設、高校や実業団スポーツチーム等多岐に渡ります。
また、トレーナーといっても以下のような様々な分野に分かれます。

最近では、老人福祉施設、介護保険施設や介護予防事業等で活躍するスポーツトレーナーも多く、雇用形態は正社員、契約社員が一般的です。
また、国内外のスポーツチームと契約して専属トレーナーとなる事や整骨院、マッサージ治療院等で働きながら特定のスポーツ選手と契約するトレーナーもいます。

スポーツ整体は、解剖生理学・運動生理学・トレーニング学と、整体がドッキングした健康産業の新しい形で、将来性ある地域密着型の健康産業ビジネスです。
最近はかなり需要が高まっているので、プロ・アマチュアスポーツ選手や学生などを対象としたスポーツ整体院という道も良いかもしれません。

また、2020年開催予定の東京オリンピックに向けて、スポーツトレーナーの需要はますます拡大していくことが予想されます。

東京の整体師必見!スポーツトレーナーになるならチェックしたい資格

整体師がスポーツトレーナーになるために絶対必要な資格というものはありませんが、スポーツトレーナーは、アスリートのケガなどに対応することが求められるため、体に触れて代替医療のできる国家資格を取る人が増えています。

具体的には柔道整復師、あん摩マッサージ指圧師、理学療法士、はり師・きゅう師などです。現在ではスポーツトレーナーの多くがいずれかの資格を持っています。

そこで、スポーツトレーナーになる前にチェックしておきたい資格を詳しく説明していきます。

柔道整復師

柔道整復師とは、いわゆる「ほねつぎ」「接骨師」として知られる資格です。骨や関節、筋、靭帯などに関わる損傷つまりは、骨折、脱臼、打撲、捻挫などのケガに対して、手術を伴わない整復・固定などの治療を行うことができます。

アスリートのケガからの回復をサポートすることができるため、スポーツトレーナーを目指す人には適した資格と言えます。

高校卒業後、専門学校などで3年以上学んで受験資格を取得し、国家試験に合格すると資格がもらえます。試験は年に1回で、生理学や解剖学などをはじめとする11科目から出題されます。

あん摩マッサージ指圧師

あん摩マッサージ指圧師は、患者さんの肩こり、腰痛、頭痛などの症状を手指による刺激(押す、揉む、叩く、さするなど)で解消したり軽減したりする仕事です。痛みやこりの原因を突き止めるため、問診や検査も行います。

ちなみに、体の中心から手足に向かって、服の上から押さえたりなでたりする手技療法が「あん摩」、手足から体の中心に向かって皮膚を直接刺激して行うのが「マッサージ」、服の上から指や手の平を使って体の一定部位を押すのが「指圧」です。

スポーツトレーナーとしては、アスリートの外傷への応急処置、ケガの予防などに対応できます。

資格を取るには専門学校などで3年以上学び、必修科目を取得したのち国家試験を受ける必要があります。在学中には人体の構造や機能、臨床医学などを学びます。試験は年1回で、12科目から出題されます。

理学療法士

理学療法士は病気や事故によって体に障害を抱えた人や体の不自由な高齢者にリハビリを行い運動機能の回復を図る仕事です。医師の指導の下に物理療法や運動療法を行い患者さんの状態に応じて適切なプログラムを組みます。

スポーツトレーナーとしては、ケガを負ったアスリートのリハビリプログラムを作ったりといった役割が期待されます。

高校卒業後、理学療法士過程のある大学や短大、専門学校で必修科目を修得した後、国家資格を受けなければなりません。試験は年1回で、筆記試験の他、口述試験や実技試験もあります。

はり師・きゅう師

鍼(はり)や灸(きゅう)を使ってツボを刺激し、痛みや疲れを和らげる仕事です。はり師ときゅう師は別々の資格ですが、両方取る人が多いため、合わせて鍼灸師とも呼ばれています。

痛みや筋肉疲労の緩和ができるため、スポーツトレーナーとしても有用な資格です。

高校卒業後、大学、短大、専門学校などで3年以上学び、国家試験に合格すると各資格が与えられます。試験は年に1回で、はり師、きゅう師それぞれ試験科目は異なりますが、同時に受ける場合は共通する科目は免除されます。

民間の資格を持つスポーツトレーナーも

民間の資格としては日本体育協会が運営する「公認アスレティックトレーナー」があります。この資格を取るには日本体育協会が認定する専門学校・大学を卒業し、特定の検定試験に合格する必要があります。

すでにトレーナーとして活動している人は、関係団体の推薦を受けて養成講座を受講後、検定試験を受けるという方法でも取得可能です。

また、柔道整復師の団体が中心となって運営する「ジャパン・アスレチック・トレーナーズ協会」の「認定アスレチックトレーナー」という称号も有名です。医療系の国家資格を持ち、指定の専門学校や大学で一定の科目を履修すると得られます。

 

コンテンツ一覧